sanrin.png

 

nakao.png

 中尾谷・南谷山林は有田川町南端に位置し、標高250mの谷筋から1000mを越える分水嶺まで至る、1000haを超える大団地です。

 ここには高齢の人工林が多く存在し、尾根筋の林道に加えて新たに林業専用道を開設するなどし、安定的な木材生産を行っています。

→詳しく見る


 

maruyama.png

 丸山山林は旧清水町中心部からほど近いマルカ林業本社事務所そばの里山です。10haほどの面積の中に、100年生を超えるスギ・ヒノキ高齢林をはじめ多様な広葉樹林分があります。

 ここでは寺社仏閣用材を目的とした大径材の育成、備長炭の製炭を目的としたカシ択伐林の育成を目指しています。またそのアクセスの良さから緑育や林業体験など、環境教育のためのフィールドとしても利用されます。

→詳しく見る


 

ryujin.png

 龍神山林は田辺市龍神に位置する100haほどの団地です。

 紀伊半島の奥地にあり傾斜の急な山林ですがその60%以上を人工林が占め、中には大径の高齢林分も存在します。現在一部で架線集材による皆伐や作業道を開設しての搬出間伐などを行っています。

→詳しく見る


 

kurinoki.png

 栗の木谷・角間木山林は旧清水町東端から町村境を越えて旧花園村に至る団地です。

→詳しく見る

 
 
 

 

サインイン